【111】 筋トレ は 脳トレ


画像

画像
             

「 ん? 何だったかな? 何を取りに来たんだっけ・・・」
冷蔵庫を開きかけて 一瞬、手を止めた。
中を覗いて見回してみたけど、思い出せない。
「 ド忘れも 困ったもんだ 」
快団ジム兼書斎に戻り、机の上を見たとたん、思い出した。
 「 あ、そうか、瞬間接着剤を取りに行ったんだ 」
冷やしておくと、風邪を引かず最後まで使えるので、瞬間接着剤は 冷蔵庫に入れているのである。
さすがに、トイレに行って 用を足すのを忘れることはないが、現役を退いてから、このように台所や倉庫に行って空しく帰ることは 偶にあった。

「 えっ、飲み過ぎた? 全く 素面のようだったけど 」
10年程前までは、酒席にいた仲間の証言どおり、かなり飲んでも 床に入るまではしっかりしていた。
しかし、一夜明けると、二日酔いはしていないのに 前夜のことを思い出せないことが度々あった。

「 酒に含まれている物質が、海馬の働きに悪さをするから、飲み過ぎて 一旦眠ると記憶が欠落するのです。  焼酎(乙類)にも多少含まれているが、特に清酒(醸造酒)は いけないようです 」
酒屋の跡取りだが 自ら退いて別の仕事をしている、大の読書家で物識りの A君から、以前 聞いた話だ。
「海馬」というのは、セイウチやタツノオトシゴと同じ名前だが、人間の大脳周辺系の一部で短期記憶を司るところだという。

長年連れ添った あの忌々しい痔と 痛風の再発を怖れたことも さることながら、A君の話を聞いてから、清酒地酒党で「西の関」ファンだった爺も、泣く泣く焼酎党に鞍替えしたのである。
飲み慣れると 匂いまでも旨いことが分かり、その後 乙類焼酎地酒一辺倒になった。
翌朝もすっきり 記憶の欠落も かなり少なくなって、喜びも ひとしお、「 焼酎天国だあ 」 と 爺の青春を謳歌していた。

ところが、3年前、倉庫に行ったが 用を忘れ、倉庫と快団ジムを 2回往復しても とうとう思い出せず、愕然としたのである。
「 俺も とうとう 本格ボケ爺になってしまったか。 焼酎天国も 幻だったな 」
実を言うと、断酒しようと思い立ったのは、一つには、こんなこともあったからである。

断酒してから 心身ともに快調な日々を過ごし、早二年経った。
なにより、快眠、快食、快便 ・・・、身軽ろやかにして頭すっきりの毎日が送られる幸せを、神に感謝している。

最近になって、台所に行き 冷蔵庫を開けて、取りに来た物を ド忘れしていた なんてことが、以前ほどではないことに気がついた。
「 これぞ、断酒のお陰だ 」 と独り合点して、「 自分を褒めてやりたい 」 と呟いたのであった。
しかし、これは、断酒のせいばかりではないらしい。

画像

9月4日夜、たまたま、途中からではあったが、NHKの「ためしてガッテン」を見た。
アルツハイマー病の主な原因と考えられるのは、βタンパクという物質であるらしい。
アルツハイマー病に罹ると、蓄積したβタンパクによって 一番影響を受けやすいのが 記憶を司る「海馬」の周辺であるため、まず記憶障害が起きるのだという。

ところが、海馬が縮み、明らかに アルツハイマー病の疑いがあるのに 発病しておらず、すこぶる元気で 記憶力も確かな高齢者を紹介していた。
この人は、次の3つの 「認知症予防策」 を 全て守っていたので、発病を食い止めている可能性があるというのだ。
①  適度の有酸素運動をする
②  話し相手を持つ
③  生活習慣病にならない食生活

私は、中でも「適度な運動」を続けていることに関心を持った。 
最近、冷蔵庫の前で 「 あれ?」 と言うことが ほとんどなくなったのは 断酒のお陰だと思っていたが、併せて、この3原則を実践しているからだと、合点が行った。
話し相手は、カミさんしかおらず 専ら聞き役だが、テレビで つまらんことを言うキャスターやコメンテーターに吠えることで 補っている。
適度な有酸素運動のほか、特に、柔軟体操と併せての筋トレが 効果的であるようだ。
酒の夾雑物を排除した上での適度な運動が、海馬くんを活性化しているに違いない。
私の場合、言うなれば 「 酒抜き 筋トレ は 脳トレ 」 なのだ。

ところで、ラジオを聞けば、脳を活性化させると聞いたことがある。
以来 私は、出来るだけ ラジオを聞くことにしている。
NHKのラジオ放送によると、特に ラジオのニュースとスポーツ実況放送が脳を活性化させるらしい。
私の子供の頃は、テレビがなかったから、ラジオを聞いて一喜一憂した時代である。
その頃、みんな ラジオにかじりつき、銭湯をガラガラにした人気ドラマもあった。
ラジオは テレビと違って、視聴者個々人が想像を膨らませ、楽しみを倍加させる。
ニュースと スポーツ実況放送は、神経を集中させるし、テンポが速いから より脳を働かせるのだろう。
ただし、それだけに運転中は、危険だから用心した方がよい。

さて、以前 ラジオで、成人病の権威といわれる人の話を聞いたことがある。
「 ・・・ しかし、『 もう遅い 』 ということはありません。それぞれ自分の体を知り、今からでも予防策を講じれば、発病を抑え、或いは 進行を遅らせることが出来るのです 」

 そこで一句
  予防策 始めてみます 墓の中  (快団爺)

画像

               ※ 73歳ハッスルマッスル快団爺


 これから、筋トレをやろうと考えている方は、予め健康検査をし、
  インストラクターの指導で、年齢、体力に応じたメニューに従って
  始められるのが良いでしょう。 (快団ジム館長)

 ※  快団爺、マッスルトレーニングで頑張る   
   http://kaidanjii.at.webry.info/200609/article_8.html
 ※  断酒と筋トレと顔の皺
   http://kaidanjii.at.webry.info/200612/article_1.html
 ※  メタボ爺、断酒と筋トレで頑張る   
   http://kaidanjii.at.webry.info/200801/article_2.html
 ※  筋トレで チンニング   
   http://kaidanjii.at.webry.info/200808/article_1.html


 ※ 写真は 「 NHK ためしてガッテン 」 ホームより




この記事へのコメント

無伴奏ソナタ
2008年09月09日 20:24
「 酒抜き 筋トレ は 脳トレ 」
不規則な生活を自戒するには、いい言葉だと思うのですが、
・・・「酒抜き」が、なかなか、つらいものです。
せめて、休肝日を、とは思うのですが、これもなかなか計画的にはいかないものです。
島の太陽
2008年09月20日 01:47
実に有意義な講義に感服。
1)キャスターに吠える…なーるほど!くだらんことしか言えないがキャスターもボケ防止には貢献している訳だ。2)ラジオの効用…そう言われれば分かる!分かる!3)有酸素運動…ウーン…反省。

この記事へのトラックバック