テーマ:趣味

【43】 西施捧心 と 美意延年 と 川柳と

「 西施 」 は、中国 春秋時代、越王 「 勾践 」 が呉に敗れた後、呉王 「 夫差 」 に献ぜられた 絶世の美女で、夫差は西施の色香に溺れて国を傾けるに至ったという。 西施は胸を病んでおり、眉をひそめ 胸に手を当てて悩んでいる姿が大変美しかった。 「胸に手を当て眉をひそめると美しくなるんだわ 」 と思った醜女が真…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【16】 下手な川柳も 数撃ちゃ当るか

秋になれば、呆けた頭も少しはシャープになって、良い川柳が出来るかなと思っていたが、相も変わらず捻り出て来るのは駄句ばかりで、お恥ずかしいかぎりだ。  スランプなんですかね。 ( ん? ) お恥ずかしい と言いながら、ぬけぬけとつまらん句をメル友にジャンジャン送ったり、ブログに載せたりしているのは、どういう神経なんだ、…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

【2】 鵲声庵 の 快団爺

私のハンドルネームと柳号は 「快団爺 」 、俳号は 「 鵲声 」 ( じゃくせい) 、書の号は 「 翔山 」 である。 以前 「快男爺 」 としていた時もあったが、自分から 『 快男児(爺) 』 を名乗るのは、ちと烏滸がましいかなと思い、「男 」 を 「団 」に変え 「快団爺 」 とした。  我が草堂の窓から、カササ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more