テーマ:風呂

【101】 崎戸炭鉱、謎の俳句小父さん

「 これ、子供らよ、騒ぐでない。  小父さんが俳句を教えてやろう。  静かに聞いていなさい 」 俳句小父さんは、例によって、子供らを前に並ばせた後、ピンと横に張った立派な髭を おもむろに両手の指でしごきながら、やおら口を開くのである。 「 『 いつ見ても 左巻きなる 我が野糞かな 』 、どうだ、分かるかな、遠足に行った時の俳…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more