テーマ:

【96】 鵜のとんじょ

「 鵜ぅのとんじょう、鵜のとんじょ! 鵜のとんじょの頭 ぁに 火が付いた、火が付いた! わあぁっ!」 標高50mほどの小山の頂上にある、「 小池のお宮 」 と 呼んでいた社で、子どもら 3,4人が 下方の小池を見おろすところに並び、池に浮かんでいる 2,3羽の鵜に向かって、手でラッパを作り一斉に叫ぶ。 すると、鵜はすっと水に…
トラックバック:8
コメント:3

続きを読むread more