テーマ:

【91】 ニオイイリス の花

「 アヤメ 」 の硬い蕾が、次々に花開いた。 花弁が薄く柔らかいので、少し強い風が吹くと千切れそうになる。 花は、白みがかった 淡く透き通ったような肌色をしており、紫などの妖艶なものと比べて、地味だが 暖かく また違った風情がある。 この 「 アヤメ 」 は、「 イチハツ といって、白い花は珍しいそうですよ。」…
トラックバック:2
コメント:5

続きを読むread more

【90】 アヤメ の蕾 と 四月の花達

桜が過ぎると、彼方此方で つつじの便りが聞かれるようになった。 鵲声庵は、花蘇芳が花を落とし若葉を付け始めた。 まだ若い柿の木も、穏やかな陽光を浴びて艶やかな柔らかい若葉を枝いっぱいに広げている。 狭い庭に咲いていた スズランや水仙も終って、その後には、近くのスーパーで買って植え、すっかり忘れていた球根の花が一斉に咲いた。…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

【89】 さくら名所100選の地、大村の桜

今月 6日の日曜日、日本のさくら名所100選の一つに数えられる大村公園、そして大村市内中心部の国指定名勝旧円融寺庭園、大上戸川河畔、長崎自動車道インター傍の池田湖畔、捕鯨大尽深澤儀太夫が造った野岳湖の畔にあるロザ・モタ広場など市内の桜の名所に出かけてみたが、何処も満開であった。 日曜日とあって人出も多く、望遠レンズを花に向けた…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

【88】 花蘇芳は楊貴妃の花

鵲声庵の花蘇芳(はなずおう)が、鮮やかな紅紫色の花を付け出した。 昨年は3月末には満開だったのに、今年は開花が遅く、今日(4月4日)は 未だ 「七分咲き」 というところだ。 間もなく、枝いっぱいの蕾も全開し、より艶やかに円熟した色に変るだろう。 花蘇芳は、葉に先立って花が咲くのだが、花柄がなく、花の付き方も変わ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

【87】 池田湖の鴨たち

春の日差しに誘われて、桜はもう咲いたかなと、久しぶりに 大村インター近くの 池田湖を訪れた。 湖畔に連植している桜は、まだチラホラと咲き始めたばかりだった。 この暖かい日が続くと、来週末には満開になるだろう。                      ※ 池田湖 この湖には、冬場は ホシハジロ(カモの一種)…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

【86】 桜色 の 雪柳

今日は春分の日、昨夜来の雨も上がり素晴らしい天気になった。 暖かい陽気に誘われて大上戸川河畔に散歩に行ったら、土手に連なる植え込みの雪柳が満開であった。 少し離れてみると、枝も撓わに こんもりと雪を被ったように見える。 風で散り落ちた花びらも、雪が積ったように地面に広がっている。 なるほど 「 雪柳 」 とは上手く命名し…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

【85】 ホワイトデー には 3 倍返し?

「 ねぇ、ねぇ。 バレンタインチョコのお返しはさぁ。 三倍返しが相場だよね 」 「 うん、そうそう。 私も聞いたことある 」 「 へぇ、そうなの。 でも去年は、うちの課長からのも、隣のドスケベのも、お返しは みんな哀れなくらいお粗末で、三倍じゃなく三分の一だったよ。 トイメンの若造、何にもなし。 あったまくるね 」 「でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【84】 啓蟄、中国では驚蟄

今日は啓蟄、気温13度、北寄りの風は冷たいが、風が当たらず日が射す場所は暖かい。 鵲声庵の庭からは、昨日の黄砂が うそのように、大村湾を隔てた対岸の琴ノ尾岳がクッキリ遠望できる。 夜来の雨のお陰で花粉症の涙も出ず、久しぶりに気分爽快だな と両手を挙げて深呼吸をしたら 4,5発大きな くしゃみを連発した。 冬の間、庭の手…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more