テーマ:教育

【66】 「唐茄子、カボチャ の アンポンタン!」

「 唐茄子、カボチャ の アンポンタン!」 「 お前の母ちゃん、出べそ!」 今も言っているかどうか知らないが、むかし、相手をからかう時に使っていた囃し言葉である。 今の 「苛め」 ほど深刻なものではなく、皆で囃し立てる時の決まり文句であった。 その頃は、誰にでも言うし、誰からでも言われる からかい言葉だった。 しかし、…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

【28】 「 少年野生の森 」 

最近、子供達は、ゲームなどをして家の中で独りで過ごすことが多い。 人と遊ぶ時は、ほとんど同学年同士だ。 異なった年齢の子が集団で過ごすのは、サッカー、野球、剣道、柔道、空手など大人が指導するクラブ練習の時ぐらいだろう。 子供だけの縦の集団で遊ぶには、その機会も場所も無くなった。 何より、危険を避けるなどの「ノウハ…
トラックバック:7
コメント:2

続きを読むread more

【27】 野生の遊び

教員をしていた父が田舎廻りだったので、私は、赴任先の片田舎で生まれ、身近な自然の中で育ち、四季折々多彩で野生的な遊びを経験した。 春は、原野で隊列を組んでウサギを追ったり、海に突き出た断崖絶壁の孤木に登ってトンビやカラスの巣を襲い、親鳥の攻撃を竹の棒で防ぎながら命がけで卵や雛鳥を獲ってきた。 夏は、川に行き、土手の石垣の穴に…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

【26】 トンビ(鳶) の巣を襲え! 

「 おおい! 下は見るなよっ 」 「 もうすぐ来るぞっ、 しっかり掴まっとけよぉ!」  海に突き出たような断崖絶壁で、急斜面の上方にひょろっと伸びている高い孤木に、しがみつくようにして登っている私と、必死で後に続いている下田君に対して、木の下から、二人の仲間が懸命に声を掛ける。 下を見るなと言われても、怖いから、どうし…
トラックバック:9
コメント:2

続きを読むread more

【6】 「 食育 」 って なに?

  先生 「 皆さんの 『 お母さんの味 』 は何ですか?」  子供 「 ハーイ、カップラーメン でーす 」  先生 「・・・」 ひところ話題になった笑話だが、笑い話として片付けられない深刻な問題を含んでいるようである。 近年、若年性糖尿病が増えているとも言われている。  最近は、熱湯を注いで食べる インスタント食品…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

【5】 師匠の教え

徒弟制度では、口では教えてくれない師匠の技を 弟子は盗むように苦労して体得した。 これが 「日本の伝承技術」 である。 どんな職場でも、考え無しに行動したり うっかりしていると、いきなり拳骨が飛んで来たり、飛び上がるほど怒鳴られたりして技を磨いた。 私の祖父は、柳川立花藩の宮大工の流れだっただけに、大工の弟子には殊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【4】 嗚呼 マニュアル

     大阪のK君が、久し振りに上京した。      ホテルで、朝食を摂ろうとレストランへ     「 ナマ卵 お呉れ 」     「 ナマ卵は御座いません 」     「 メニューに、『ゆで卵』 あるやないか!」     「 でも、ナマ卵 は御座いません 」     (・・・『 マニュアルに 御座いません 』…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more