【117】 「 角打ち 」 (かくうち)


画像

大阪の友人から、毎日、大手新聞の地方版や地方紙の切り抜きメールが送られてくる。
先週の切り抜きに、『 山口宇部空港に 「 角打 」 オープン 』 の記事 (朝日新聞 山口地方版) があった。 
 山口の空の玄関、宇部市の山口宇部空港のターミナルビル
 2階に9日、お酒や軽食を提供する 「 角打 鍋島 」 が オープ
 ンした。
 萩市の地ビールや宇部市の地酒、フグのひれ酒にさしみなどの
 つまみ類のほか、コーヒー、夏みかんジュース、うどん、弁当など
 もある。
という記事である。

友人の コメントが添えられてあった。
 ※ 「角打」って何??……知らなんだ!
 角打ち とは
 「 角打ち(かくうち) 」 という言葉は、「広辞苑」(岩波書店)、「日
 本語大辞典」(講談社)には載っていない。
 「日本国語大辞典」(小学館) には、「酒を升にはいったまま飲む
 こと」。 方言として、「升で酒を飲むこと、酒屋の店頭で酒を飲む
 こと、金銭を出し集めて宴をすること」 とある。
 北九州では、「酒屋の店頭で酒を飲むこと」 を 「角打ち」 と言う。
 もともと、秤り売り用の酒を、升を借りて縁に乗せた塩を アテ
 に、その場で立ち飲みしていたものであろう。
 酒屋のカウンターで立ち飲みをすることを 「角打ち」 と言わない
 地方もある。
 関西では、酒屋で飲むのも 立ち飲み屋で飲むのも 「立ち飲み」
 らしい。
 九州と関東は、酒屋で飲むことを 「角打ち」 と言う所が多いよう
 である。
 ところで、酒屋は酒を販売するところであり、飲ませるところでは
 ない。
 飲ませるところは 飲み屋 であって 酒屋 ではない。
 最近流行のオシャレな 「角打ち屋」 や 「角打ちバー」 は飲み屋
 である。
 駅の近くにある 「立ち飲み」 も飲み屋である。
 「角打ち」 とは、飲み屋ではなく 酒屋で立ち飲みすることである。


ところで、かつて 私が勤めていた県庁の正門から 中島川方向に下る 県庁坂に、「 立ち飲み 」 をさせる 酒の小売り店があった。
「 クラブ県庁坂 」 とか 「 県庁坂屋台 」 と言われて、結構流行っていた。
カウンターで、冷や酒を コップに なみなみと注いでもらって グイと空け、一杯だけで帰る常連が多い。

残業もないから飲みに行こうと仲間に誘われ、先ずは口を湿そうと寄ってみたら、店内は タバコの煙と アルコールの匂いが充満し、すでに、先着 5,6人が顔を真っ赤にして、上司の悪口を肴に怪気炎を上げていた。
店の陳列棚の前は、6 畳ほどの土間になっている。
連中は、二個の 酒販専用通箱の上に細長い板を差し渡し、1 升瓶を ドンと置いて、1袋 200円で買った ツマミを並べ、その前で コップ片手に ワイワイやっているのである。
近くの市場から持ち込んだのだろう、木製の ミカン箱に どっかり腰を据えて飲んでいる 厚かましい奴もいた。
おそらく、帰宅電車の時刻待ちで ちょっとだけよ と寄ったつもりが、最終電車で深夜にご帰還ということになるのだろう。

酒店で椅子を設置して飲ませるのは 違法なのだが、「 店は酒を売っただけで、客が勝手に立ち飲みしているのですよ 」 ということらしい。
これを、正に 「角打」 と言うのだろう。 ・・・ 私も知らなんだ!
近年は、升酒ならぬ コップ酒だから、さしずめ 「 硝子打ち 」か。

 そこで一句
  角打ちで 夜が明けそこから 出勤し (快団爺)

 ここで大阪の友人作を一句
  角打ちで 丸く収まる 仲たがい (浪速のジョウ)

画像

友人の切り抜きメールは、関係方面で活躍している多くの受信者が重宝し、活用しているという。
彼は、博識で 豊かな感性を持ち、かつて、大手百貨店の企画宣伝部長として活躍した経歴の男である。
毎日 4時には起きて、全国の数多い新聞記事の中から、独断と偏見 (彼の言) で 20本の記事を選び、かつての業界関係の仲間や友人、知人宛に送っているのだ。

毎日早朝、全国の地方版や地方紙を読んで ブロックごとに整理して切り抜きにし、メール送信する手間は大変だと思うが、その努力には頭が下がる。
自治体の担当者が活用すれば、きっと立派な地域おこしの参考になるのではと思う。

※ 冒頭の写真は、木曽檜枡 (大垣市枡本舗ホームより)




 




この記事へのコメント

無伴奏ソナタ
2008年11月04日 22:17
ここ1年で、私が夜のテリトリーとしている界隈にも「かくうち○○」という一杯飲み屋さんが増えてきました。表現に馴染みのない若い人たちには、おしゃれに聞こえるのでしょうか。
上司に連れられて数回ほど行きましたが、「この単価で、儲けがでるのか!」というほどの低価格!
なるほど、財布には優しい飲み屋さんでしたが、弱った腰にとっては、立ち飲みの1時間は優しくなかった・・・。とほほ。

この記事へのトラックバック