【100】 ナメクジウオは ご先祖様

画像

「 えぇっ、ナメクジ が 私たちの先祖ですか?」
たまたま メタボ健診に行った医院の待合ホールで、若い女性の患者さんが一瞬 驚いて 情けない顔になった。
日、英、米などの国際研究チームが、人の祖先は 「 ナメクジウオ 」 であることを突き止め、19日付けの英科学誌 「ネイチャー」 に掲載されたという テレビのニュースを見たのだ。
「 ナメクジウオ 」 は 「 ナメクジ 」 とは 全く別種のものだとアナウンサーの説明があって、件の女性は一応納得はしたようだが、すっきりした顔付きではなかった。
5億1500万年前のことでも、ナメクジ となれば心穏やかにはなれないらしい。

脊椎動物は 「ホヤ」 から進化したという有力な考え方があったが、ナメクジウオのゲノム(全遺伝情報)の解読が進み、ホヤ は 別の系統に進化したことが明らかになったというのである。
これは、ダーウィン以来の懸案だった脊椎動物の起源が初めてはっきりしたということで、科学的快挙だとか。

「 ナメクジウオ 」 は 海に棲んでいる魚(?)で、 この名は ナメクジを押しつぶしたような形からきており、西欧でも 「 海のナメクジ 」 と 呼ばれているらしい。
平たく細い魚に似ているが、頭や脊椎の骨はなく、脊椎動物の前段階の脊索動物に分類されており、潮間帯( 干満時に、海中に没したり 空気にさらされたりする浅い海岸域 )の荒い砂地に生息し、生きた化石と言われているという。

子どもの頃 水中メガネを掛けて浅瀬の海辺で遊んでいた時、3,4センチほどの半透明の魚(?)が 砂地に潜り、細い尻尾のような上半身を出してじっとしているのを何度か見た記憶があるが、あれが、ナメクジウオだったのだろう。
釣りの餌に良いかなと思って、砂と一緒に掬おうとしても 泳いで逃げてしまい、捕まえた事はなかった。
得体の知れない魚だったが、「 ナメクジウオ 」 とは言っていなかったようだ。

以前は、北国を除き 日本各地の浅海に多く生息していたが、今は、以前のように地方海岸の潮間帯では簡単に見つけることはできなくなったらしい。
我が国では、早晩 絶滅危惧種になると言ってもよいほど 個体数も生息地も激減しており、天然記念物に指定しているところもあるという。
五億数千万年も生き続けてきた人類の祖先も、自然環境が大きく変化して、生息するところが無くなってきているのである。

 そこで三句
  恭しく ナメクジウオの 祠建ち (快団爺)
  敬えと ナメクジウオが 胸を張り (快団爺)
  ナメクジの ような男も 見直され (快団爺)



  ※ 冒頭の写真:三重県科学技術振興センター 鈴鹿水産研究室 
        丸山 拓也 研究員 提供 [インターネットより転載]

         


この記事へのコメント

うけすけ
2008年06月21日 22:49
タイトルから大胆で驚きましたが、内容は濃いものだなと思いました。しかし「絶滅危惧種になりかけ」るほど「個体数も生息地も激減」とは・・・・。
ご先祖と分かってからどうこうするのではなく、その前にどうにか上のようなことにならないようにしていきたいですね。それでは、ここでふたつ。

 海の中 塩に負けない ナメクジウオ (うけすけ)
 ナメクジと いわれ続けて 五億年  (うけすけ)
仮分数
2008年06月25日 10:16
希望失ったとき 目標がなくなったとき
「俺は なめくじになりたい」とどれ程思ったことか
とにかく 人間は他人と比較し泣き 笑い 怒り表わす
今 私は 尊い師に会い 信じる人生を得た。

この記事へのトラックバック

  • amphioxus genome:

    Excerpt: 巷で話題のナメクジウオ(amphioxus)の論文をば。脊椎動物の祖先はナメクジウオ=ホヤは傍流と判明-日米英などゲノム解読(時事通信) - goo ニュースなんてニュースもよく見られますが、まぁ脊椎.. Weblog: fantasia*diapsida racked: 2008-06-22 00:29
  • ホヤ ナメクジウオを独占

    Excerpt: 【100】 ご先祖様は ナメクジウオ人の祖先は 「 ナメクジウオ 」 であること... Weblog: 話題独占 racked: 2008-06-22 11:04