快 団 爺 の 戯 言

アクセスカウンタ

zoom RSS 【98】 甘茶 は 初恋の味

<<   作成日時 : 2008/06/07 15:02   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 3


画像

鵲声庵の庭で、甘茶の花が ずいぶん長い間 咲き続いている。
灌仏会、つまり、4月8日に お釈迦様のお誕生を祝う 花まつり で 釈迦如来像に灌ぐ、あの 「 甘茶 」 の花である。
子供の頃、川原村では、春になると 海を見下ろす小高い丘の上で 花まつり が催されていた。
花で飾られた小さなお堂の水盤上に、天上天下唯我独尊の釈迦如来像が安置されていて、参詣の人々は、行列をつくって 一人一人が順番に、像の頭上から 小柄杓で甘茶を灌ぐ。
その後で、みんなも甘茶を頂いて飲むのだ。
その折の 鄙びた甘さ が、いまだに口の中の記憶に残っている。
これは、私には プラトニックな初恋の味なのである。

 そこで俳句を
  甘茶椀に 花舞い降りて 子ら騒ぐ (鵲声)
  
お釈迦様がお生まれになった時、それを祝って、天上の九龍が 甘露の雨 を降り灌いだという謂れがある。
このことから、お誕生を祝う花祭りには、お生まれになった時の姿、即ち右手は天上を、左手は天下を指さしている像に甘茶を灌ぐのだという。

甘茶は、生の葉は苦くて甘みはないが、醗酵・乾燥させた葉は甘くなり、生薬としての薬効もあるようだ。
灌仏会で使う甘茶は、前年の夏の終わりに摘んだ葉を、水を打ちながら樽で醗酵させ、手で揉み天日で乾燥させたものである。
昔は、地域の大事なお祭りに、田舎の小母ちゃんたちが皆で作っていた。

 そこで三句
  転校生 先ずは初恋 花まつり (快団爺) 
  悪人にも 喉に仏の 御座します (快団爺)
  甘茶にも ブランデー数滴 罰あたり (快団爺)


画像

画像
             ※ 甘茶の花(上3枚)

鵲声庵の甘茶の木は、20年ほど前、佐世保市皆瀬のお寺で見事に咲いていたのを ご住職から戴き 挿し木して、以後 何回か株分けしたものである。
3月下旬になると緑鮮やかな葉の芽を出し始め、4月になり桜が散り始める頃から、枝いっぱいに若葉を茂らせる。

花は、端午の節句が過ぎた頃から ぼつぼつと咲きだすから、紫陽花よりは かなり早い。
甘茶 は額紫陽花 に似ており、見慣れない人は、ちょっと区別がつきにくい。
紫陽花 の葉は 丸っこく艶があり、甘茶の葉は 小ぶりで薄く、 やや細い。
花も、甘茶は 紫陽花 ほどには大きくならないし 艶やかでもないが、それだけに、控え目で楚々とした可憐さがあり、切り花にして部屋に飾ると、紫陽花と違った趣がある。

画像
             
画像
             ※ 額紫陽花(上2枚)

画像

画像
 
画像
             ※ 甘茶の花(上3枚)
            
画像
             ※ 甘茶の若芽

画像
          
画像
             ※ 額紫陽花(上2枚)

画像

画像
             ※ 鵲声庵に咲いた他の紫陽花             


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【113】 鵲声庵の主役たち [季節の花々]続き U (4月〜5月)
                【 アヤメ [ 5/4 ] 】 ...続きを見る
      快 団 爺 の 戯 言
2008/09/13 18:25
【113】 季節の主役たち [ 四季の花々 ] 続き    U (4月・5月)
                  【 アヤメ [ 5/4 ] 】 第二回は、4月、5月の花々を掲載する。 第三回は、また来週に・・・。 ...続きを見る
      快 団 爺 の 戯 言
2008/09/20 15:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
薄紫、空青、華緑・・艶桃。
色とりどりの花たちに囲まれて、鵲声庵の庭は賑やかですね。

酒飲みの私は、この句が好きだなぁ。

甘茶にも ブランデー数滴 罰あたり (快団爺)





甘茶にも ブランデー数滴 罰あたり (快団爺)
無伴奏ソナタ
2008/06/07 22:54
鵲声庵の庭は 紫陽花の花満開ですね
気持ちよい 清々しいものです。
昨年のページに、フエンスに西瓜を栽培されておられるのがありました。
今年も順調ですか?
楽しみです。

理解出来ない人間の多い中で 嬉しいです。
仮分数
2008/06/10 13:39
私も、子供の頃の花祭りを懐かしく思い出しました。甘いあの味が、口の中にまだ残っています。
今飲んだら、どんな味がするでしょう。
生薬として売っているのは、当時の味とは違うでしょうね。
甘茶を個人の庭に植えているのは珍しいとか。
それが、爺様の庭に咲いているとは・・・。
さすがです。
さぶ
2008/06/11 10:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
【98】 甘茶 は 初恋の味       快 団 爺 の 戯 言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる