【53】 匂い蕃茉莉(バンマツリ)


画像

朝まだき、起き抜けに庭に出ると上品なジャスミンの香りが漂い、誰か美人が傍にいるのかと、思わず後ろを振り返ってしまう。
鵲声庵に、カミさんのほかに美人が居る筈がない。
「 匂いバンマツリ 」 の花の香りなのである。

画像

画像

「 バンマツリ 」 …、あまり知られていない花木で、名前が珍しい。
10年ほど前、友人が珍しい花だと言って苗を持って来てくれた。
名前も珍しいから、友人もその時は忘れており後で教えてくれたが、私もすぐ忘れてしまって数日後その友人にまた聞きなおしたことだった。

画像

画像

最初に花が咲いた年は、一つの木に青紫色と白色の花が次々に咲いて、珍しい花木だなと思っていた。
ところが、咲いた時は青紫色の花だが、その花びらが2,3日で白色に変るということを2年目に気が付いた。
一つ一つの花は白に変わると4,5日で色あせ間もなく落花するが、つぎから次に新しい花が咲き続けるので、長い間、香りを愛で花を観賞出来るのがうれしい。
私は香水の匂いは好きではないが、同じジャスミンでもこの花の香りは、品が良く、心を和ませてくれる。

英語では 「 Yesterday today and tomorrow 」 と言うらしい。
「 昨日、今日そして明日 」 なんと夢のある詩的な名ではないか。
また、別名 「 Morning moon and night 」 とか、「 kiss me quick 」 とも言うらしい。
西洋人は殊のほか香水の香りを好むので、こんな名前を付けるのだろうか。

画像

画像


ところで、「 バンマツリ 」 はナス科の花木で、原産は南米だそうである。
漢字で 「 蕃茉莉 」 と書く。
明治の末頃この花が我が国に入った時、外国(蕃)から来た茉莉花(ジャスミンの花)ということで、名付けられたらしい。
「 茉莉花 」 は、中国南部で栽培されジャスミン茶の原料になる花である。
茉莉花はモクセイ科の花木でインド原産というから、別種の花木だ。

中高年の方なら 「 どこかで見たような名前…。」 と思われる方もおられよう。
そう、女優 岡田茉莉子も、この茉莉花から名づけたそうだ。

頂いた鵲声庵の花は、「 バンマツリ 」 と友人は言ったが、後で調べてみると 「 匂い蕃茉莉 」 であった。
「 蕃茉莉 」 と 「 匂い蕃茉莉 」 は同じ仲間だが、別の花で学名も違う。
匂い蕃茉莉はその名の通り香りが良いが、蕃茉莉も或る程度香りがするという。

鵲声庵では、例年5月になりヒトツバタゴの花が散る頃から咲き始めていたが、今年は10日ほど早く、4月の中旬には咲き始めた。
ヒトツバタゴを嫁にやり花が見られないからだろうか、匂い蕃茉莉の花が一際鮮やかに咲き誇って見える。

 そこで駄川柳を
  蕃茉莉 連れて行きたい 初デイト (快団爺)   
  浮気時に 匂い起こすな 蕃茉莉 (快団爺)

画像

画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

無伴奏ソナタ
2007年04月30日 21:08
快団爺氏のエッセイ、今回も軽妙な導入で益々好調です。バンマツリの写真も鮮やかで、画面からジャスミンの香りが漂ってくるようです。
ただ、川柳は、煩悩が漂っていますが(笑)。
あかばなな
2007年05月01日 21:59
こぼれんばかりに咲いているとはこのことですよね♪
とっても綺麗です。
私のうちにもありますが、植木鉢に植えてあるので、まだまだかわいくちんまりと咲いてます。
さぶ
2007年05月03日 14:29
「バンマツリの花・・・」。一瞬「宵祭りの花・・・」と思いました。
それにしても「お祭り」のように華やかに、綺麗ですですね。
同じ花が短時間で変化するのも面白いです。

浮気には場違いな上品な香りのようですが、ネットでは送れないでしょうね。

仮分数
2007年05月08日 16:44
バンマツリの花が匂いと一緒に咲きました
久しぶりのコメントです
身内の突然の旅たちで
春も知らんかった

快団爺氏のエッセイで
やっと目覚めました 
仮分数
2007年05月12日 09:59
ますます快調な 快団爺様
嬉しいです
或 開業医の先生が医療スポーツセンターを
9月にオープンされます
プールもあるらしいです 楽しみです。
好調な 快団爺様に感謝します

この記事へのトラックバック